バイトのセンパイとの初デート

わたしは高校生で、コンビニでアルバイトをしていました。
バイトでの先輩や後輩、常連の地元の先輩などと仲良くなりました。
ある日のバイト中、顔見知りの先輩にデートに誘われました。
特に意識をしていたわけでもなく本当に顔見知りで名前を知ってるくらいの関係だったので少し驚きましたが、たまにあることだったので連絡先を交換して遊ぶことにしました。

当時同じ年の子の彼氏がいたのでさすがに異性と2人はダメだと思い、友人と先輩を含めて4人で遊ぶことにしました。
その日は迎えに来てくれて帰りも家まで送ってくれてとても楽しい日を過ごしました。
それから毎日のように連絡がきて、時々ドライブや食事に誘われました。
ちょうど彼氏ともうまくいかずモヤモヤしていた時期だったので相談に乗ってもらうこともありました。
しかしその先輩が自分に好意を持っているなどこれっぽっちも思っていませんでした。

ついに彼氏とは別れてしまい、別れたことを伝えようとしたときに携帯が壊れてしまい連絡を取ることができなくなってしまいました。
連絡先を交換してから毎日のように、メールや電話をしていたので少し寂しく思っている自分がいることに気が付きました。
携帯を直して真っ先に先輩に連絡をしました。
先輩も数日間連絡がないことを心配してくださっていました。
また連絡を再開したころ、花火大会が近づいてきました。
わたしは予定が合わず、花火大会に行ったことがなかったのでとても行きたいと思っていました。
そんな時、先輩から花火大会一緒に行こう、というお誘いがきました。
その時くらいには、自分は先輩のことが好きなのかと思い始めたのと
先輩は自分のことが好きなのかとも思い始めました。
そして花火大会の2日前、わたしの祖母が亡くなってしまい花火大会に行ける状況ではなくなりました。
先輩にはすぐに連絡を入れて断りました。
お通夜もお葬式も花火の日には終わっている予定だったので行けるかもしれないとのことは伝えました。

花火大会当日。昼から時間ができたので、花火大会に行くことになりました。
会場までは車で40分くらいですが迎えに来てくれて会場まで連れてってくれました。
少し時間が遅かったので会場に着くまでの道のりで花火をちらちら見ていました。
そのとき、彼はわたしの好きなところを言い出しました。
そして、
これから一緒にたくさん思い出を作りたい。だから付き合ってください。
と告白されました。
コンビニで出会った店員とお客さんで、8歳の年の差がありますが2年半たった今もラブラブな毎日を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です