リードしてくれた私の彼氏

年上好き、年下好きなど、恋愛対象の好みはいろいろとあると思いますが、私は年上を好きになることが多いです。自分を守ってくれる感じや、リードしてくれる、尊敬出来るなどの要素に惹かれて好きになることが多いですが、一度だけそういうのとは一味違った恋愛をしたことがあります。お相手は人生初めてのバイト先の先輩でした。先輩といっても、11歳年上でしたし、バイト先の店長が2店舗掛け持ちでうちの店舗にはほとんどいなかった為、ほとんどその先輩が店長のようなものでした。バイトの面接もその先輩でしたし、最初は店長だと思い込んでいたくらいです。優しくて仕事が出来て、最初は憧れのような存在でした。少しして思わせぶりな態度をとられたりするようになりましたが、好きになってしまうと後々傷つくような気がして、自分は子供だし、きっとからかわれてるんだ、と思い込むようにしていました。ですが、何度か告白をされ、本気なんだなと感じることが出来たのでお付き合いすることにしました。デートは車で送り迎えしてもらって、そのままドライブしたり、一人暮らしの彼の家で、料理好きな彼が料理を作ってくれたり・・・自分が大人になった今思い返せば、何ら特別でもない、ごくごく普通のデートだったのですが、当時高校を卒業したてだった私からしてみれば、周りの友達はせいぜい免許とりたてで、自分の車を持っている人はいないし、ドライブへ行くこともありませんでした。大学に出て初めて一人暮らしを始める友達がいたくらいで、ごく自然に、それも男の人が手料理を作ってくれるなんて機会もありませんでした。当時の私にとってはものすごく特別な、大人のデートだったのです。同棲したいと言われたり、合鍵を渡されたりもしましたが、厳しい家庭で当時まだ門限も22時だった自分にとってはとんでもない話でした。結局は時間が合わなかったり、私もどこか遠慮してしまって思い切り甘えたり出来ず微妙な距離があったりして別れてしまいましたが、当時の年齢で11歳差の彼と付き合ったからこその思い出がたくさんあって、今でも良い思い出です。

ペアーズ有料会員に登録実践記